痛くなく削らない新しい虫歯治療「ドックベストセメント治療」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

歯の病気でもっとも多いものは、虫歯です。虫歯は、歯を虫歯菌が蝕むことで起こる身近な病気です。虫歯はほったらかしにしておいて治癒する病気ではないので、症状が軽いうちに発見・治療することが何よりも大切です。重症化すると虫歯菌が神経にまで到達し、神経を抜いたり抜歯する必要が出てきます。

通常、虫歯の治療では、虫歯の部分と虫歯菌に感染した部分をすべて除去してから、つめ物やかぶせ物をしますが、虫歯菌に感染した部分を完全に除去せずに、歯を大きく削らずに治療することができる「ドックベストセメント治療」という新しい虫歯の治療方法もあります。

 

ドックベストセメント治療とは

銅イオンが含まれる「ドックセメント」を虫歯に塗布することで、虫歯の原因となりうる菌を退治し、病巣を無菌化します。歯髄(神経)を極力保存する保存療法なので、神経を取ると歯がもろくなってしまう心配がなく、象牙質の再生作用もあるので、歯の寿命が大幅に延びることが期待できます。

また、詰め物も被せものの種類も自由にチョイスできます。

今までの虫歯菌を削って治すという発想とは全く違い、”虫歯菌をほとんど削らないでミネラルで殺菌する”という新しい治療法です。

 

ドックベストセメント治療のメリット・デメリット

メリット
✔ 通常の虫歯治療に比べて削る量が少なく、極力痛くない治療が可能
✔ 他の深い虫歯の治療に比べて、短期間で治療できる
✔ ドックベスト自体に殺菌効果があり、再発の心配が少ない
✔ ミネラルから造られた安全で人体に優しく、アレルギーのある方にも使用可能
✔ 痛みが生じても再度神経を残して再治療できる可能性がある為、歯の寿命が延びる

デメリット
! 重度に進行してしまった虫歯治療には適用できない
! 治療はもちろん、詰め物も被せものも自費治療(保険外治療)

 

生涯にわたって健康な歯を保ちたい方へ

虫歯治療というと、歯を削ったり神経を抜いたりするイメージが強い方も多いようですが、削ったり神経を抜くと歯の寿命に影響があります。削った歯は二度と元に戻らず、神経を抜いた場合は栄養が歯に行き渡らず歯がもろくなります。

ドックベストセメント治療は、このような従来の虫歯治療とは大きく異なり、できるだけ歯を削らない治療法として注目されています。

しかし、日本ではまだ認可されていない治療法のため保険適応外(自費治療)になります。「日本では未認可」ということで不安に思われるかもしれませんが、アメリカではすでに一般的な治療法ですので安心です。

しっかり説明を受けて、メリット・デメリットを理解したうえでドックベストセメント治療を受けて、あなたの大切な歯をこの先もずっと健康に保ちましょう。

『患者さんのための』歯のブログが運営する歯医者さん

医療法人 清翔会グループ
歯列矯正なら 名駅アール歯科・矯正歯科
急な歯の痛みなら エスカ歯科・矯正歯科
歯周病にお悩みなら 名古屋みなと歯科・矯正歯科
顎関節症のことなら 岡崎エルエル歯科・矯正歯科
インプラント治療なら AOI DENTAL DESIGN OFFICE