虫歯を作らずなるべく着色を避ける工夫。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

虫歯ができると余分なストレスを生み、

歯科医院へ余分に通院することとなり、

時間、コストが余分にかかります。

また、着色してしまうと印象を低下させ、

クリーニングやホワイトニングが必要となります。

ここでは虫歯を作らず着色を避ける工夫を伝えます。

 

歯磨きセットを携帯し、3食後と間食後も磨くと良い。

朝、昼、夜、間食後、歯を磨けるようにしておくと良いです。
歯ブラシ、フロス、デンタルリンスを携帯し、
歯磨きができない状況ならデンタルリンスだけでも行うと良いです。
歯科医院のスタッフ達はほとんど3食後に歯を磨きます。

 

ブラッシング指導を歯科医院で受ける。

歯科医院に普段使用している歯ブラシ、歯磨き粉を持っていき、
自分の歯にマッチしているか評価してもらいましょう。
また、現状の歯磨きの習慣を見てもらい、
間違った磨き方を正してもらいましょう。そして習慣となるまで継続しましょう。
使用中の歯ブラシ、歯磨き粉、フロスがあなたにミスマッチなら、
歯科医院でマッチするものをおすすめしてもらいましょう。

 

着色物の飲食したあとは水で口腔内をゆすぐこと。

コーヒー、カレーなど歯の着色に影響が大きそうなものを飲食しましたら、
直後に水で口腔内をゆすいでください。やらないとすぐに着色してしまいます。
着色してしまったら、歯科医院でのクリーニングやホワイトニングが必要となります。

 

3ヶ月に一度は歯科医院でメンテナンスをしましょう。

歯ブラシ、フロス、デンタルリンスでは取りきれない汚れがありますので、
3ヶ月に一度予約をして歯科医院でメンテナンスを受けましょう。
受付にてアポイントの直前に改めて連絡を依頼し忘れないようにしましょう。

 

まとめ

虫歯になったり、着色してしまうと、
余分に歯科医院へ通うことになり、時間もコストも余分にかかります。
上記事柄を実践し習慣にしてみてください。