気になる銀歯を白く美しい歯に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「過去に治療した虫歯の銀歯が気になる」

「話したり笑ったりすると銀歯が目立って恥ずかしい」

「白くキレイな歯を手に入れたい」

などの口元にコンプレックがあり、いつも口元を手で隠してしまう方には、銀歯を白いセラミック製の美しい歯に替える審美歯科治療をおすすめします。

銀歯が及ぼすデメリット

保険診療の詰め物・被せ物で使われる銀歯は、比較的安価に歯の機能を回復できるというメリットがある反面、不自然に見えるなどの問題をはじめとするデメリットもいくつかあります。

また、長い間使用することで次第に劣化していき、お口の中だけでなく全身に影響を及ぼす恐れがあります。

✔ 銀歯が目立つ

銀歯は白い歯列の中では目立ってしまい、不自然に見えてしまいます。口元は目元に次いで第一印象を左右する重要なパーツなので、銀歯があることで相手への印象がマイナスになってしまうことも考えられます。

✔ 歯茎に黒ずみが生じる

「銀歯」と呼ばれる素材は金銀パラジウム合金という金属でできていて、その金属は経年劣化によりイオン化して溶け出してしまいます。この金属イオンが歯茎に色素沈着することで、黒ずんでしまうことがあります。

✔ 金属アレルギーを引き起こす

金属イオンがお口の中の粘膜を通して体内に取り込まれると、全身に金属アレルギーの症状が現れることがあります。原因不明の皮膚のかぶれやかゆみ、倦怠感、頭痛などの症状は、お口の中の銀歯が原因かもしれません。

 

身体にやさしく見た目が美しいセラミック治療

セラミックとは白い「陶材」のことです。詰め物や被せ物、差し歯などをセラミック製のものに替えることをセラミック治療と言います。セラミックは天然歯のような透明感と白さがあり、見た目が美しく自然なので、天然歯との区別がほとんどつきません。

また、メタルフリーのセラミック製人工歯では金属を使用しないため、金属イオンが溶け出す心配はありません。よって、金属アレルギーや歯茎が黒ずむこともありません。

セラミック自体は強度に優れていて劣化することがなく、表面が滑らかでツルツルしている材質で歯石が付着しにくいため、虫歯や歯周病の予防につながります。

汚れがついてもブラッシングで落としやすく衛生的で口臭予防にも効果的です。

 

様々なセラミックの種類

セラミック治療には様々な種類があり、素材によって適する部位や費用が違います。

どの種類にもメリット、デメリットがあるのであらかじめどのような種類があるのか知ったうえでセラミックを受けるようにしましょう。

インレーとは虫歯を削ったあとの穴を覆う詰め物のこと、クラウンとは全体を覆う被せ物ことをいいます。

■ ジルコニアクラウン

高い審美性と強度を兼ね備えたジルコニアを使用するクラウン(被せ物)です。ダイヤモンドと同様の構造を持ち、人工ダイヤモンドの素材にもなるほど高い耐久性があります。

透明感のある自然で美しい仕上がりになりますが、歯を削る量が比較的多めです。

■ e-maxクラウン

二ケイ酸リチウムガラスを主成分とした歯科に特化したセラミック素材のことです。天然歯に近い色調と透明感を再現できる審美性と、耐久性を兼ね備えています。小臼歯や大臼歯の歯におすすめです。

天然歯のような透明感があり、自然な色調を再現できますが、前歯には不向きです。

■ メタルボンドクラウン

金属のフレームの表面にセラミックを焼きつけたクラウンです。内側が金属であるため高い強度があり、奥歯などにも使用できますが、金属が溶け出し、歯茎が黒ずむ可能性があります。

■ ゴールドクラウン

すべて金合金でつくられたクラウンです。高い耐久性があり、銀歯に比べると金属アレルギーのリスクを低減できます。金色で目立つため、前歯には不向きなので奥歯におすすめです。

■ ハイブリットインレー

セラミックとレジン(歯科用プラスチック)の混合素材でつくられたインレー(詰め物)です。オールセラミックにある「噛み合う歯を傷つける」というデメリットを解消できますが、経年により多少変色する可能性があります。

■ セラミックインレー

セラミック素材のインレーです。強度が高く透明感があり見た目が自然で、金属アレルギーの心配がありませんが、歯を削る量が多くなります。

■ ゴールドインレー

すべて金合金素材でつくられたインレーです。金は柔らかく薄く伸びるという特性があり、歯との隙間ができにくいので歯との適合性が高くなります。これにより、治療後の虫歯の再発リスクを低減できます。金色で目立つため、前歯には適しません。

■ ファイバーコア

歯の神経や血管を取り除く根管治療を行った場合に、歯の土台に立てるコア(芯)です。保険診療では金属製のコアが使われますが、破折のリスクがある、透明感が劣る、黒ずむ可能性がある、金属アレルギーのリスクがある、といったデメリットがあります。グラスファイバー製のファイバーコアなら、こうしたさまざまなデメリットが解消されます。

 

セラミックで白い歯と笑顔を取り戻す

セラミック治療は銀歯の欠点を補い、見た目や機能性の面でも非常に優れた治療方法です。特に見た目の部分では、今まで銀歯がコンプレックスで口を開けて笑えなかった人はセラミックで天然の歯同様に白くなるので、思い切り口を開けて笑顔を作ることができるようになります。

セラミック治療で美しい歯や美しい笑顔を作り、心も健康に過ごしましょう。

『患者さんのための』歯のブログが運営する歯医者さん

医療法人 清翔会グループ
歯列矯正なら 名駅アール歯科・矯正歯科
急な歯の痛みなら エスカ歯科・矯正歯科
歯周病にお悩みなら 名古屋みなと歯科・矯正歯科
顎関節症のことなら 岡崎エルエル歯科・矯正歯科
インプラント治療なら AOI DENTAL DESIGN OFFICE