歯列矯正をお考えの方へ。矯正歯科医院の選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

複数医院の矯正相談を受ける

 

歯科医院毎に相談料を有料、無料と差がありますが、
受けてみたい医院の相談は有料、無料に限らず受けてみてください。
有料としている歯科医院は大方、矯正治療に対する本気度が高い方に来院してほしい、
矯正学会の認定医、指導医資格ほ保持している歯科医師が在籍しているので、
という意図があり有料設定にしています。
反対に無料にしている歯科医院は資格保持している歯科医師が在籍していても、
より多くの方の矯正相談を行いたい、という意図があります。
一概に有料だから質の高い相談が受けられるということでもないようです。

 

矯正関連の学会や講習に参加し、より矯正治療症例数が多い歯科医師が在籍する歯科医院を選ぶ

 

矯正治療は学会に入会していることより資格保持数よりも、
矯正治療の症例数(経験人数)が歯科医師の矯正治療水準を左右させると考えます。
ホームページに掲載されているかと思いますが、相談時にも直接確認してみてください。

 

自宅、職場から通いやすい歯科医院を選ぶ

 

矯正治療は装置装着後、およそ1ヶ月に1度、また装置を外した後の保定期間にも
歯科医院へ通院しなければなりません。
気軽に治療計画通り通院するためにも自宅、職場からアクセスの良い歯科医院を選ばれることをおすすめ致します。

 

治療費の差は関係ない

 

高額な治療費だから技術に長けている、安価だから長けていないはあまり関係ありません。
症例数と勉強会への参加数が技術力の差を決めます。

 

まとめ

上記で紹介させていただいた点を参考に、
自分にあった矯正歯科医院を探し、
矯正治療後のきれいに並んだ歯並びを手に入れてほしいと思います。