インプラントの手術を受ける前に知っておきたい流れと種類

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インプラント治療とは、失った歯の代わりにチタン製の人工歯根(インプラント)を顎の骨(歯槽骨・しそうこつ)に埋め込み、セラミックやジルコニアで作製した人工の歯を被せることによって、元あった自分の歯と同じ見た目や噛む力を回復することができる新しい治療法です。
1960年代からヨーロッパを中心に臨床応用が始まり、現在では、歯を失った時の最も有効な治療の一つとして認識されるようになりました。今回は、多くの患者さんが不安に感じているインプラント治療の「手術」についてお伝えします。

1.インプラント手術とは

基本的なインプラント手術は、歯を失った場所に部分麻酔を行い、歯茎を切って、開き、顎の骨(歯槽骨・しそうこつ)に穴をあけ、チタン製のインプラントを入れて歯肉を糸で縫います。
通常のインプラント手術は1本あたり10分~20分程度と比較的短時間で手術が終わるため、「歯を抜いた時より楽だった。」と言われる患者さんも少なくありません。しかし、インプラントを長く使うために、約6mmの骨の幅と約10mmの骨の高さが必要になります。その骨が足りない場合には、手術と同時あるいは手術の前に骨を作る手術(骨造成・こつぞうせい)が必要になります。

見出し3

本文が入ります。本文が入ります。本文が入ります。本文が入ります。本文が入ります。本文が入ります。本文が入ります。本文が入ります。本文が入ります。

1.インプラント手術とは

基本的なインプラント手術は、歯を失った場所に部分麻酔を行い、歯茎を切って、開き、顎の骨(歯槽骨・しそうこつ)に穴をあけ、チタン製のインプラントを入れて歯肉を糸で縫います。
通常のインプラント手術は1本あたり10分~20分程度と比較的短時間で手術が終わるため、「歯を抜いた時より楽だった。」と言われる患者さんも少なくありません。しかし、インプラントを長く使うために、約6mmの骨の幅と約10mmの骨の高さが必要になります。その骨が足りない場合には、手術と同時あるいは手術の前に骨を作る手術(骨造成・こつぞうせい)が必要になります。

見出し3

本文が入ります。本文が入ります。本文が入ります。本文が入ります。本文が入ります。本文が入ります。本文が入ります。本文が入ります。本文が入ります。

1.インプラント手術とは

基本的なインプラント手術は、歯を失った場所に部分麻酔を行い、歯茎を切って、開き、顎の骨(歯槽骨・しそうこつ)に穴をあけ、チタン製のインプラントを入れて歯肉を糸で縫います。
通常のインプラント手術は1本あたり10分~20分程度と比較的短時間で手術が終わるため、「歯を抜いた時より楽だった。」と言われる患者さんも少なくありません。しかし、インプラントを長く使うために、約6mmの骨の幅と約10mmの骨の高さが必要になります。その骨が足りない場合には、手術と同時あるいは手術の前に骨を作る手術(骨造成・こつぞうせい)が必要になります。

見出し3

本文が入ります。本文が入ります。本文が入ります。本文が入ります。本文が入ります。本文が入ります。本文が入ります。本文が入ります。本文が入ります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

CTA2

医療法人 清翔会グループ
歯列矯正なら 名駅アール歯科・矯正歯科
急な歯の痛みなら エスカ歯科・矯正歯科
歯周病にお悩みなら 名古屋みなと歯科・矯正歯科
顎関節症のことなら 岡崎エルエル歯科・矯正歯科
インプラント治療なら AOI DENTAL DESIGN OFFICE